読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera Diary

「アラフォー・ダイエット・ストレッチ・食事改善・精神病」の奮闘…徒然日記

ダイエットと仕事

二度目のおはようございます、かえるのじゅです(*ˊ˘ˋ*)♪

仕事を始めようと決めました。
始めは事務系を探してみるものの、
39歳になりたての39歳と
40歳に近い39歳とでは
面接でいくら好印象を与えても
経験があっても
雇う側としては
長く勤めてもらいたい雇い主。
経験より若さ。

そこで切り替え方向転換。
ウォーキング(有酸素運動)で体力は付いてきたから
動く仕事にしよう。
体力が付いてきたと言っても
元々が疲れやすい体質だから
時間はパートで1日4、5時間
出来れば週3~4日
働くことに慣れてないから
リハビリを兼ねてお金が貰えるなんていいじゃない♪

とその前に
私がウォーキングを始める前、職探しして決まるけど続かなかった仕事の履歴をご紹介致します。

私は被災者。
県内だけど避難を余儀なくされました。

仕事って、求人があって、条件があって、契約事項があるけれど、蓋を開けたらこんななの!?ってことが多々あります。

まずはコンテナ型の某ホテルの客室清掃。
被災地の工事に来ていて長期滞在の方を見込んでの新しく出来たばかりのホテル。
仕事は風呂・トイレ・部屋の清掃とベッドメイク。
見込まれた集客数には程遠い割に清掃員の数が多い。
蓋を開けたら時給のはずが一部屋あたりの歩合制。
稼げないと辞めました。

市役所の臨時職員。
事務補助という簡単なお仕事。
始めてひと月もしない頃に
父親が入院→2週間という早さで亡くなる。
避難先での出来事。
それまで津波をうけた実家のリフォームを補助の最低限の予算で直してて、父は1日おきか毎日、1時間かけて実家に通い、ペンキ塗りやら庭のお手入れ。
99%出来上がった頃に亡くなってしまった。
実家に戻ったら、大好きな洗濯・釣りっこ・山鳥を飼うこと・晩酌…やりたい事は沢山あって希望があった。
母は実家に帰してあげたくて、避難先の病院から直行実家ヘ。
実家に帰った母は避難先に戻りたくなくなってしまい、母1人にするわけもいかず、仕事を辞めました。

非常勤2ヵ月の短期の仕事。事務系。
父が亡くなって2ヵ月で決めました。
面接でことの経緯を話したら、面接官は自分だったらショックで仕事を始めようと出来ないと言っていたけれど、父が仕事を始める私をとても喜んでいたので、切り替えが早かった。
3月11日の日、サイレンが鳴り渡り14時46分に1分間の黙祷をしたら、涙がでてきたけど、それでも続けきりました。
同じ場所で臨時職員で募集があったので面接をうけるものの落ちてしまいました。

臨時職員の仕事。契約は6ヵ月。
仕事がない。
あってもコピー。
糊付け作業。
掃除をこまめにしたり、同じ管轄内で積極的に仕事をもらうも、まるで工場の流れ作業。
ひと月で辞めました。

某自動車整備の個人会社。事務系。
週に3日、10時~16時まで。
タバコも吸える。
蓋を開けてみたら
週1回1時間かけて某所に手続きをしなきゃならないことに。
契約時にそんなこと書いてなかった。
車の長時間運転が苦手、
車の運転が下手くそ。
ひと月で辞めました。

スーパーの清掃員。
週4日のうち1日だけフルタイム
それ以外は午前で終わり。
そこでぎっくり腰になります。
1ヵ月くらい長い休みをもらっていざ復帰。
掃除機を持ち上げただけでまたぎっくり腰。
朝の1時間だけの仕事も勧められた、せっかく仕事を覚えたのだからと。
でもそれでは稼げない。
3ヵ月で辞めました。

某ホテルの客室清掃。
同僚2人。
時給制で、早く終わることもあったけど、
きっちり勤務管理が出来ている会社。
そこで足を挫く。
電気をかけに毎日病院へ。
足をくじいたのは職場だけど、我慢して悪化させたのは自分のせいなので労災はきかず。
復帰まで3週間ほど。
いざ復帰したら足の痛みが再発。
上司に相談して
客室清掃ではなくても仕事はある。
同じ時給を貰いながら違う仕事…
3ヵ月でやめる。

某百円ショップの店員。遅番。
膨大な数の商品。
接客経験はあるもののブランク長し。
レジで手が震える。
教えてくれる人があと2週間で辞める!?
その人と同じようにならなければならない。
とその時タイヤがパンク。
出勤できなくて1日休む。
気がついたら円形脱毛症になってる。
ひと月で辞める。

話が逸れすぎたので
次回
ダイエットと仕事2
につづく
ダイエットと仕事2へ