読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera Diary

「アラフォー・ダイエット・ストレッチ・食事改善・精神病」の奮闘…徒然日記

未来

こんばんは、かえるのじゅです(*ˊ˘ˋ*)♪

私の目の前に「朝が来る」と言うハードカバーの小説があります。
ちらっと見ただけで読めそうな気配。
昔は、村上春樹村上龍山田詠美原田宗典推理小説から何から何まで雑食で読み漁ったものです。

CDのalbumと一緒で(一緒じゃない方がほとんどだと思いますが)題名が分からず、メロディと歌詞だけ空で憶えて、いざカラオケになると検索出来ずに終わることが多々ありました。

ミーハーなんです。(笑)


さて、私は精神病で働いていますが、あくまでも親がいるから生きて行けてます。40歳、アラフォーになってまでも。
その上、躁鬱病の弟も出戻りでいます。今現在。

私は三人姉弟で、姉がいます。
もう嫁に出ていて、義理の兄と姉は独立しています。子供もいます。

姉は健全で、将来、順番的に言うと母が一番最初に居なくなります。
そこで姉は、私と弟の面倒を見なければならないと思いました。
私はいわれました。
「経済的に独立しろ」と。

この先、未来を考えて、私が健全になったのなら1人で生きる力は持てます。

でも、どうしても弟が付いてきます。
弟は血液型で分けるのもどうかと思いますが、典型的なB型です。
気に入ればそこは楽園になりますが、どーでもいいと思った時、気にしてるものの力がそちらには行かず、ゴミ屋敷と化します。

ある日、冬物の服を探しに弟の部屋へ行って見つけました。
45ℓのゴミ袋が閉まらないぐらいの大量のペットボトルと缶のゴミ。

ちょっと忘れただけ

と弟は言い訳しました。
それまで母が居なくなった時を考えて、私は弟を扶養に入れようとまで思ってましたが、一瞬で立ち消えました。
出来ない、無理って。

この先
どんな出会いが私も弟もあるかわからない。

未来はわかりません。

ですが、現実的な女は現実的に物事を考えます。
どーやったら生きていけるか。

いつ死ぬかわからないこの世の中で、いかに穏やかに暮らして行けるのか?
迷惑かけずに自分のことは自分でやっていけるか?

未来はわかりません。

それでも明日という未来に備えて
寝る準備をするじゅでしたm(*_ _)m