読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera Diary

「アラフォー・ダイエット・ストレッチ・食事改善・精神病」の奮闘…徒然日記

結婚相手

何度目のこんにちはになるかわからないので、
こんばんは、かえるのじゅです(*ˊ˘ˋ*)♪

明日からちと忙しいので書き溜めてます。
学生時代で終わらせようと思ったら、おもった以上に話が進んだので

進めてしまおう!

と思っちゃったのでした(笑)


高校で出会ったカレと終わりかけの頃。
職場で同い年の男の子2人と仲良くなりました。
男の子2人同士は同期で、そこに私が入って行ったような形です。

1人は奥田民生風。
1人はBOOWY風。

異色な2人でしたが、年齢が一緒なのもあって一気に仲良くなりました。

私はユニコーンが元から好きで、奥田民生風な彼に惹かれていきました。

が。

BOOWY風な男の子に告白された(らしい。←覚えてない(笑))

どこをどーやって持ち直したか覚えてないですが、3人でカラオケに行くことになりました。
その時までまだ高校からのカレと付き合ってます。

楽しくカラオケしました。
酔いもまわり、あー面白かったねー♪って言ってるところに…

出ましたカレが。

おんどりゃ、なにしてんじゃわれぇ〜!!(関西の人では無い)
と言った勢いで今にも殴りかかってきそうです。
私は
逃げて!!
とゆって、そのあと凹られました。

でも奥田民生風の男の子にどんどん惹かれてゆく。


どうやって切れたか覚えてません。


でも、私は晴れて自由の身になりました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ



私は可愛い部類に入るらしいんです。自覚症状はありません。自分の笑顔は嫌いだし、女々しいのも嫌い、スカート嫌い、スッピンを40歳まで続けてきました。
化粧の仕方がわからないし、知ろうともしないんです。

私は職場で洗い物を決まった時間にしてました。
そこにはいろんな人が出入りしました。
奥田民生風の彼もそうです。

そこに大先輩にあたる(5歳は上)人が来るようになりました。
だんだん仲良しになっていって、自由の身である私はその人にも惹かれ始めます。
恋愛は自由ですから←言い訳

奥田民生風の彼は置いといて、先輩の話になります。
近場の海辺でビーチバレー大会があると。
それは男女混合だから参加しない?と。

私は水着に躊躇したものの('0')/ハイ!と返事しました。

当日はぼろ負け。
経験者は先輩だけ。
先輩、脱いだら凄かったんですよー。ムキムキ。今で言う細マッチョ。

大会が終わってからわいわいハシャギました。
海に入ってパチャパチャ遊んだりシャチに乗って遊んだり。

私は夢中でその先輩と仲良くなろうとしました。
そこに気付かれたのかもしれません。

ある日、電話がかかってきました。
ドライブしない?
とかなんとか。免許は持ってたけど車なんて持てない私には、車を持ってる先輩はすごく大人に見えました。
あーだこーだしゃべりながらドライブして、結局先輩の家に行ってベッド・イン(:3_ヽ)_
出し切った先輩は別人の様になってシャワーへ。
私はクタクタになって横になっていました。

帰り際に
ブレーキランプ 5回点滅 アイシテルのサインー(*´○`)o¶♪

2回目に会って同じようなくだりを経て
終わるだけ終わったあとに先輩が口を開きました。

「〇〇と結婚が決まってるんだ」

…!!!
それは、私が職場でめっちゃ尊敬してて大好きな上司の名前でした。
何も言わずただ泣きました。
先輩は嘘というか内緒にしてたことで泣いてるのかと思ったかな?わからないけど
私は〇〇さんに申し訳ない、どっちも大好きになっちゃったのに何も出来ない、〇〇さんと姉妹じゃん…色んなことがぶぁーと流れて涙になりました。

それ以降連絡は一切取ってません。
〇〇さんは知ってか知らずか毎年年賀状で増えてゆく子供の写真付きのハガキを送ってきました。
私は意地悪で返信に携帯の電話番号とメアドを書き続けました。
それでも連絡は一切来ませんでした。


それから奥田民生風の彼と付き合うことになるのですm(*_ _)m
結婚相手2へつづく
結婚相手2へ