読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera Diary

「アラフォー・ダイエット・ストレッチ・食事改善・精神病」の奮闘…徒然日記

革命児の告白

2度目のこんにちは、ブログ書いてるとタバコが増えます(。・ω・)y-゚゚゚、かえるのじゅです(*ˊ˘ˋ*)♪

私とサーフとブーさん。

サーフはノリが平成生まれっぽかったので、ベテラン勢にウケが悪かった( ´・ω・`)でも平成生まれっぽいのでウケが悪くても悪口言われても気にしない(笑)

ブーさんはというと、外交員の中で年が上の方でしかも話が上手で面白い。瞬く間にベテラン勢と仲良しになり、サーフもブーさんもスモーカーだったのですが、ブーさんは「ブーっちょ」とあだ名で呼ばれるようにまでなります。
ベテラン勢がブーさんと次々に仲良くなっていく中、ワンレンだけがブーさんの事を毛嫌いしてました。
ブーさんは頭の回転も良かったので、ワンレンが自分の事を嫌ってるのにすぐ気づきましたが、そこは大人の対応というか仕事場では態度にあらわしませんでした。

そんなとある土曜日。
私も旦那も仕事は土日休みだったので、私達家族は恒例の旦那の実家へとお泊まりに行くことになりました。
私は前に書いたブログの通り、義母とうまくやることが出来ず、旦那の実家に行くのが嫌で仕方ありませんでした。

ここで偶然が重なります。

近くののドライブスルーで順番を待っていた時。
何が原因か覚えてませんが、旦那と私は口論になりました。カッとなった私は
「行かない!帰る!!」
と言い
旦那は
「娘と2人で行く!!」
となって、私は娘と旦那を置いて車から飛び出て家へと半泣き状態で帰りました。
その真後ろに並んでいたのが偶然にもサーフだったのです。
サーフはサーフで用事があったのか、ブーさんに電話をします。
「大変なの!行ってあげて!!」
と。
ブーさんは隣町に住んでいたのに偶然にも近くにいました。

家で1人シクシク泣いてたところにブーさんから電話が入ります。
「サーフから話聞いた。今から家に行くから」
と。

ブーさんが来て、さっきあった事とこれまでの事をブーさんに話しました。
泣いていたのもおさまってきて話が一息ついた時、ブーさんが口を開きました。
「あのね。悪いけど、旦那さん嘘つきだよ。それでね、2人で行くって言ったみたいだけど絶対戻ってくるよ。」
ママ友を浮気者と言ったこと、毎日のように匂いを嗅ぐこと、私への独占欲etc…詳しく話してないことまでズバズバと当てられました。
私はポカン(゜д゜)としました。
この人なんでここまでわかるの?
私は急速に旦那への熱が冷めていきました。


私は一体なんて人と結婚したのだろう


旦那はもーいいやっなんて冗談が言えるようになってきた時…ブーさんがなんだかモジモジしています。
「どしたの(。・_・?)ハテ?」
と言ったら、ブーさんがとんでもない事を言いました。

ブーさん「あのさ…俺、Kちゃん(私)のこと好きなんだ(///_///)」

私「(゜д゜)(゜д゜)(゜д゜)
………
ドキ(((*〃゚艸゚))ドキ
………
考えさせて下さい(///_///)」

えぇぇぇぇΣ(゚ロ゚;)
何だこの胸の高鳴りは!?
考えさせてください!?
なになに(゚Д゚≡゚Д゚)!?

とそこでバタンと音がしました。
そう
旦那が戻ってきたのです。

急に態度が変わるブーさん。
「いつもお世話になっております、ブーですー、初めましてー。いやーハハハっ。あっ、じゃあ、あの帰りますねー。どーもー」
旦那もポカン(゜д゜)としてましたが、そこは営業マン
「こちらこそお世話になってます。気をつけて…」
とかなんとか。

その日は、旦那の実家に行きませんでした。
謝ってくる旦那、機嫌直して行こうよという旦那。
それでも頑として首を縦には振りませんでした。

もう今までの従順な私じゃなくなってたのです。

形だけ仲直りしましたが、私の中に芽生えた
「嘘つきの旦那」
と言う気持ちは無くなりません。

そしてブーさん。
…なんだろうこの胸の高鳴りは…


皆さん勘違いしないで下さいね。
ブーさんは女で主婦です。


ブーさんは始めから自分の事を「俺」と言っていました。
でも、私の実家の方言で自分のことを「おい」とか「オラ」と言うので気になりませんでした。
ブーさんは刈り上げで男の人のような頭をしていました。
でも、まだ治療法が見つかっていない皮膚の病気で伸ばせないと言っていて、それはそれで事実だったし、髪型で人を選ぶなんてしてなかったので、それも気になりませんでした。

人間として好きでした。

でも…(゚_。)ハテ?

そして返事をする日が来るのですm(*_ _)m

↓当時の私はこんな感じ↓
f:id:pyokopyokokaeru10:20161020151548j:plain
補足:当時の写真がSDになかったので、一番近い写真です