読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Que sera sera Diary

「アラフォー・ダイエット・ストレッチ・食事改善・精神病」の奮闘…徒然日記

パニック状態

おはようございます、退院だやったばんざい*(^o^)/*と思ってたら、母親に「せめて明後日にしてもらえば??」と単刀直入にいわれて凹んでますorz、かえるのじゅです(o∀n)


さて、さきほどのつづきです。






12月23日20時過ぎのこと。


お腹が痛い?


と目覚めた。暗い。

足がエコノミー症候群にならないように、マッサージする機械が着いてるのは知ってたけど…それが変な動きをする。さっきまでは上下の繰り返しだったのに、何か作為のあるような動き。
腿でstopのはずが、下っ腹まで来てるような感じがする。



鼻からの酸素の吸入器。
これ付けたときから頭が更にボーッとするけど、異様にバンバン酸素が出てる。




鼻の酸素と足のマッサージ器で体の中をまさぐられているように陥る。







看護師「痛かったら言ってくださいねー…」

といなくなり



痛くてだめーー!!


となってナースコール押すと

「じゃあ痛み止め追加しますねー…」


すぐに体の中の空気をいじくり回される。





き、気持ち悪い!!

となってナースコール押すと

「じゃあ吐き気止め追加しますね…」


とどんどん追加されてゆく薬。


こんなん、あなたたちがやってること止めれば良いでしょ…!

と実際に言いました←


したらとある看護師さんに

「それは医療の拒否でいいんですか!?」

って…いやいやそ〜じゃなくて…!!

ってゆってても、足の変な動きは止まらないし、異常な量の空気は出てくるし…



私は途中で諦めました。



上は200を超える血圧の数値。



体の中の酸素量が少なくなるとどんどんプシューっと追加されていく酸素。




(あー、私はこの機械が止まったら死んじゃうんだ、生かされてるんだ)





と本気で思っていました。


殺される


って。






翌朝まで眠れず。


時計が6時を指したころ…。



このまま死んでしまうのは嫌だ!


と思った私は弟に電話したいと言います。



ここの病院の影でポイッと捨てられるのは嫌だ!!



↑はた迷惑な患者です┐(´ー`)┌↑


でも本気で思ってました。


誰でも起こるパニック症状だそうです。



この後、薬剤の先生が来て、長い事精神安定剤などを飲んでていきなりストップすると、解離症状が起きるからそれではないか?

とのこと。




( ̄-  ̄ ) ンー

なんにせよ、もう入院なんて嫌だーーーーー



m(*_ _)m